加古川のHP制作会社ナインワーカーズが運営しています。
美容・ボディケア

24時間利用可能なフィットネスジム、シナジム加古川北在家店で店内や設備を見せてもらいました!【かこがわノート限定特典も!】

美容・ボディケア
スポンサーリンク

北在家交差点のすぐ南にある、24時間利用可能なフィットネスジム、シナジム加古川北在家店に取材に行ってきました!

こちらでトレーニングを重ねてベストボディ・ジャパン2022神戸大会のマスターズクラスでグランプリを獲得した古市さんと、店長の山本さんにお話を伺ってきました。

行く前に想像していたのとは全く違い、初心者から上級者まで、サポート体制が整っていることに驚きました!

店内の雰囲気やトレーニングマシンの写真と一緒にどうぞ!

24時間フィットネスジムのSynerGym(シナジム)加古川北在家店
シナジム加古川北在家店外観。2022年9月6日撮影
シナジム加古川北在家店外観。2022年9月6日撮影

シナジムは月会費7,700円(税込)で24時間使い放題のフィットネスジムです。夜間や早朝でないとトレーニングできない方も使いやすいシステムですね。

65歳以上の方が対象のアクティブシニア会員は4,400円(税込)で10時~16時まで利用可能です(定休日の木曜日は除く)。

9月特別入会キャンペーンのチラシ。2022年9月6日撮影

また、シナジムではプロのトレーナーによるパーソナルトレーニングも実施しています。施設のマシンを使ってのトレーニングになるためプライベート感は薄くなりますが、その分リーズナブルな価格で受けられます。

スマホアプリ「あすけん」を取り入れ、日々の食生活も合わせて指導してくれます。パーソナルトレーニングに来た日以外もダイエットを意識して過ごせそうですね。

SynerGymパーソナルチラシ。古市さんもこちらのダイエットサポートコースからスタートされています。2022年9月6日撮影

パーソナルトレーニングの期間は2,3ヶ月で終了し、そのまま24時間の月会員になる人がほとんどだそうです。

パーソナルの期間にジム内のマシンに慣れ、トレーナーとも気兼ねなく話ができるようになるのがその理由だとか。一度引き締めた身体をキープしやすい仕組みが整っているのはめちゃくちゃ魅力的だと思いました。

店長の山本さんの経歴も凄い。澁谷さんはバレーボールの選手としても活躍中です。2022年9月6日撮影

店内の見取り図はこんな感じです。

シナジム北在家店HPより

24時間利用可能と聞いてと「どうやって入店するんだろう」と気になったので、実際に見せてもらいました。上の図で入口となっているところが下記の写真です。

シナジム北在家店入口。2022年9月6日撮影
シナジム北在家店入口。2022年9月6日撮影

実はこちらの入口の自動ドアは、横のリーダーにカードキーをかざさないと外からは開きません。スタッフさんがいる時間帯でもカードキーを使って入店する必要があります。

カードキーをこのようにかざすと開きます。2022年9月6日撮影

また、女性専用エリアも同様にカードキーで入室します。

女性専用エリアの入口横にもカードリーダーがあります。2022年9月6日撮影

女性の方も安心してトレーニングできる環境です。

ここからはマシンを中心に紹介してもらいました。どういったものを使えるのか気になる方も多いと思うので、一部を紹介します!

ちなみにシナジムでは無料で5回の初心者ガイダンス(30分程度)を行っています。マシンの使い方が分からなくて困ることがないよう教えてくれます。

正しい方法でトレーニングを始めて、効果を感じてもらいたいから手厚くサポートしているそうです!

まずは有酸素運動系のマシンから。

My Mountainという傾斜の付けられるマシン。山登りのようにトレーニングできます。2022年9月6日撮影
マイ・マウンテン解説。-5%から最大50%までの傾斜角度が可能。2022年9月6日撮影
自走式のルームランナー。足の力で動かすため負荷が高い。全力疾走のトレーニングもできます。2022年9月6日撮影
腕でも足でも漕げるバイク。足が動かしにくい人でも有酸素運動ができます。2022年9月6日撮影
もちろんスタンダードなスピンバイクもあります。2022年9月6日撮影
無限に階段を上り続けられるマシンも。想像するだけできつい……。2022年9月6日撮影

有酸素マシンの上に付いているディスプレイでは、トレーニング中に映画や動画を観ることができます。館内限定で自分のスマホで楽しむことも可能です。

トレッドミルの上にもテレビが付いています。2022年9月6日撮影
操作方法。2022年9月6日撮影

有酸素運動のお伴に動画があると助かります。

女性専用エリアにもバイクやトレッドミルが設置されています。

女性専用エリア。特別に写真を撮らせていただきました。2022年9月6日撮影
女性専用エリアのトレッドミル、ステッパー。2022年9月6日撮影

更衣室(中にシャワー)やトイレも女性専用エリアの中にあります。

女性専用エリアのトイレと更衣室入口。2022年9月6日撮影

続いて、筋トレ系のストレングスエリアへ。

まずは基本のスクワットマシン。こちらで機械の補助を受けながら正しい姿勢を身につけて、怪我を防ぎ効果的なトレーニングにつなげます。

スクワットマシン。2022年9月6日撮影
スクワットマシンの使い方。2022年9月6日撮影
プルダウン。2022年9月6日撮影
シーテッドロウ。2022年9月6日
マシンの使い方は動画でも分かるよう二次元コードが設置されています。2022年9月6日撮影

また初心者ガイダンスを終えた人には、トレーニングメニューも用意されています。気づいたら同じところばっかり鍛えてヘロヘロ……みたいなことになりません!

バルクアップのトレーニングメニュー。2022年9月6日撮影

最後に店内の一番奥、フリーウエイトエリアです。

壮観です。2022年9月6日撮影

外から見ると、この細長い部分です。

左の細長いところがちょうどフリーウエイトエリア。2022年9月6日撮影

50kgまで用意されているダンベルは利用者の要望を受けて、60kgを入れる予定になっているそうです。

ダンベル。2022年9月6日撮影
リングフィットでおなじみのケトルベルも。2022年9月6日撮影

筋トレガチ勢の方は見るだけでテンションが上がるというBULLのベンチ。

BULLは大会でも使われるブランド。2022年9月6日撮影
古市さんにやってもらいました。高さや幅が絶妙なんだそう。2022年9月6日撮影

変わったところでは乗り降りしたり、飛び乗ったりするボックスやチェーンなども置いてあります。

高さを変えられます。飛び乗っても大丈夫な頑丈な作り。2022年9月6日撮影
チェーンを垂らしてスクワットをすると、地面に付いている量が変化して、立ち上がりきるときに一番負荷が高くなります。2022年9月6日撮影

紹介しきれないくらいたくさんの種類のトレーニングマシンがあります。

1回550円で時間制限のない施設体験(スタッフ在席時のみ)もできるので、気になった方はそちらも試してみてください。

また、かこがわノート読者3名限定で当月・翌月の利用料と入会金すべて込みで1円の入会キャンペーンも用意していただきました! 「かこがわノートを見た!」と店頭入会でお伝えください(※Web入会は対象外となってしまうのでご注意ください)。

24時間フィットネスジムのSynerGym(シナジム)加古川北在家店

シナジム公式のYouTubeチャンネルもあるので、雰囲気を知りたい方はそちらもチェックしてみてください!

古市さんがベストボディ・ジャパン神戸大会に臨む様子を収めた動画もあります。たった一年でこの変化は凄い!

ベストボディ・ジャパン2022神戸大会。真ん中が古市さん。提供写真

シナジム加古川北在家店の場所は地図で見るとこのあたり。

鳩里交番や神戸新聞東播支社のある北在家交差点から、明姫幹線方面に入ってすぐ右側です。

黄色い看板が目印です。2022年9月6日撮影

道を挟んで向かいには和菓子の長谷川銘菓堂があります。

長谷川銘菓堂。2022年9月6日撮影
名称シナジム加古川北在家店
住所兵庫県加古川市加古川町北在家757-1(地図
Web公式サイトYouTube
スポンサーリンク
下のボタンからTwitterで感想をいただけると嬉しいです!できるだけ反応します!
スポンサーリンク
この記事を書いた人
まさみ

'81年生まれ。結婚して加古川に住みはじめて10年が過ぎました。子育て中。出身は徳島県。詳しいプロフィール記事は左端の家マークからどうぞ!

まさみをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報はTwitterでお知らせしています♪
Instagramもフォローしてね!
かこがわノート
タイトルとURLをコピーしました