加古川ニュース

JR加古川駅北口の自動車整理場に高層建物を整備する構想が進んでいます

加古川駅周辺地区まちづくり構想 自動車整備場に構想建物を整備へ 加古川ニュース

JR加古川駅の北口ロータリー横にある自動車整備場の場所に高層建物を整備する加古川駅周辺地区まちづくり構想が進んでいます。

加古川駅周辺地区まちづくり構想を策定しました|加古川市
 本市の都心であるJR加古川駅周辺地区においては、東播磨都市圏の核として、賑わいのある魅力的な都市空間を形成するため、交通の利便性や保健・医療機能の充実した環境を生かしながら、商業や行政などの都市機能の集積や都心居住を推進するとともに、土地利用の高度化を図ることとしています。 とりわけ、駅周辺地区のまちづくりについては...

これに先駆けて2020年2月~3月にパブリックコメント(意見公募)も行われました。そのときに神戸新聞でも記事が出ています。

神戸新聞NEXT|東播|JR加古川駅北側に高層建物 周辺活性化へ市が方針案
 兵庫県加古川市は、JR加古川駅北側の市有地について、高層建物の用地として利用する方針を固めた。高層階にマンション、低層階に商業施設や市民の憩いの場などを想定する。

地図で見るとこのあたり。

ウェルネージ加古川と加古川駅の間ですね。

加古川市ホームページの資料には高層部に「居住機能等を導入」とあるので、単純に考えるとマンションが建つのではないかと思います。

低層部には「滞在・商業・子育て支援・医療・健康増進施設等を導入」とあり、1・2階などにお店や施設が入るようなマンションが予想されます。

具体的に整備が想定される用途として、資料には以下のものが挙げられています。

  • ワークスペース・学習スペース等の滞在施設
  • 若年・子育て世帯を中心とした居住施設
  • スーパーマーケット・コンビニエンスストア等の商業施設
  • 学習塾・託児施設等の子育て支援施設
  • クリニック・フィットネス等の医療・健康増進施設

整備手法については、3パターンの案が出されています。

31街区の建物整備手法案

今後、関係者との調整、民間事業者への意向調査により、最も効果的な手法を選定するそうです。加古川市ホームページ資料より

  • 加古川市が土地所有のまま加古川市が建物を整備する案
  • 土地を民間事業者に貸し出して、民間事業者が建物を整備する案
  • 土地を民間事業者に売却して、民間事業者が建物を整備する案

神戸新聞の記事によると、20年度に具体的な計画を作り、21年度の事業着手を目指すそうです。


加古川駅南口のにぎわいと北口の様子にはかなり差がありますよね。

自動車整備場のある31街区は市有地のため、スピード感をもって開発が行えるそうです。

ここを呼び水にして、周辺の未利用地や駐車場利用されている土地の開発を促していく狙いがあります。

加古川駅周辺の利便性がアップすると魅力が増しますね。

自動車整理場、少し停めるには便利ですが、利用者はそれほど多くなさそうな印象です。一等地をもっと活用できるといいですね!また詳細が分かればお伝えします!

下のボタンからTwitterで感想をいただけると嬉しいです!できるだけ反応します!
スポンサーリンク
この記事を書いた人
まさみ

'81年生まれ。結婚して加古川に住みはじめて10年が過ぎました。子育て中。出身は徳島県。詳しいプロフィール記事は左端の家マークからどうぞ!

まさみをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報はTwitterでお知らせしています♪
かこがわノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました