加古川ニュース

地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2021で加古川市役所の多田 功さんが受賞されています!

地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員AWARD加古川ニュース

「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2021」で加古川市政策企画課スマートシティ推進担当課長の多田 功さんが受賞されています!

『地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2021』結果発表 | Heroes of Local Government
(PR)=学びと人脈が自宅で手に入る。全国で300名以上が参加する、地方公務員オンラインサロンの詳細はコチラ (文=株式会社ホルグ代表取締役社長 加藤年紀) 開催の危ぶまれた東京オリンピックのメダルラッシュ、大きな勇気をもらいましたね。24日から始まるパラリンピックもこの熱量で応援出来たらと思います。

2017年から開催されている地方公務員アワード。他薦方式で2021年は76件の推薦があったそうです。そのうちの受賞者10名に加古川市の多田さんが入っています!

推薦文ではコロナ禍対応での2つの大きな業績が挙げられています。

  1. 定額給付金システムの1週間での立ち上げ
  2. ワクチン接種の抽選サイト構築
『地方公務員アワード2021』多田 功さん (加古川市 政策企画課 スマートシティ推進担当課長) | Heroes of Local Government
(PR)=学びと人脈が自宅で手に入る。全国で300名以上が参加する、地方公務員オンラインサロンの詳細はコチラ 『地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2021』、9人目の受賞者の紹介です。 多田 功さん (加古川市 政策企画課 スマートシティ推進担当課長) 推薦者:加藤 幹也 (東京都 デジタルサービス局)...

いずれも全国的に大きな話題となりました。定額給付金は加古川市民としてもとても便利でした!

多田さんは9月にも朝日新聞で取り上げられています。

「早く帰りたいだけ」 文系出身の課長が進めた加古川市のDX:朝日新聞デジタル
 1人10万円を配る特別定額給付金やワクチンの予約で自治体の窓口が大混乱するなど、コロナ禍で明らかになった行政のデジタル化の遅れ。そのさなか、素早くオンライン申請の体制を整えた兵庫県加古川市の取り組み…

7月末にはコワーキングスペースmocco加古川でトークイベントも開催されました。

兵庫大学現代ビジネス学部 公開講義 #2「スマートシティー加古川を推進中! 多田功さんと考える、デジタルDIYな「まちづくり」」 | コワーキングスペースmocco
コワーキングスペースmocco加古川がオープンしました!兵庫県加古川市加古川駅前にあるコワーキングスペース mocco(モコ)加古川の公式サイトです。 ご利用方法やmoccoまでのアクセス、料金プランなどご紹介しています。マンスリープランもございます。

こういったアイデアが出て、それを迅速に実現できるのが素晴らしいですよね。受け入れられる組織も含めて、嬉しい出来事でした。

現在進行形で加古川市が進めているスマートシティ政策でも活躍が期待されます!

下のボタンからTwitterで感想をいただけると嬉しいです!できるだけ反応します!
スポンサーリンク
この記事を書いた人
まさみ

'81年生まれ。結婚して加古川に住みはじめて10年が過ぎました。子育て中。出身は徳島県。詳しいプロフィール記事は左端の家マークからどうぞ!

まさみをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報はTwitterでお知らせしています♪
Instagramもフォローしてね!
かこがわノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました