加古川ニュース

プロ棋士の横山友紀四段、加古川観光大使に。第8回棋士のまち将棋フェスタにて委嘱式を開催

加古川観光大使委嘱式の記念撮影加古川ニュース

2022年1月16日日曜日、ニッケパークタウンで開催された第8回棋士のまち将棋フェスタにて、横山友紀四段への加古川観光大使委嘱式が開催されました!

加古川観光大使委嘱式の様子

委嘱状を読み上げる岡田康裕加古川市長と横山友紀四段。2022年1月16日撮影

2021年10月に四段に昇段を果たした横山友紀(よこやまともき)さんは、加古川市平岡町出身。井上慶太九段の門下です。

加古川観光大使の名刺の授与

観光大使の名刺パネルを授与したのは加古川観光協会会長の大庫隆夫さん。2022年1月16日撮影

師匠の井上慶太九段をはじめ、兄弟子の稲葉陽八段、船江恒平六段も加古川観光大使を務めています。

昨年末に女優の上野樹里さんが加古川観光大使となり話題になりましたが、横山友紀四段で18人目となります。

加古川観光大使として挨拶をする横山友紀四段

加古川観光大使として挨拶をする横山友紀四段。2022年1月16日撮影

挨拶をする井上慶太九段

先輩観光大使として激励する井上慶太九段。2022年1月16日

挨拶をする稲葉陽八段

観光大使になった頃、自分も最初は何をしていいか分からなかったと経験を語る稲葉陽八段。2022年1月16日撮影

加古川観光大使委嘱式の記念撮影

記念撮影(撮影時のみマスクを外しています)。2022年1月16日撮影

加古川特産の加古川和牛やかつめしのたれ、靴下、鹿児のもちも贈呈されていました。

加古川の特産品

2022年1月16日撮影

セレモニーの後には、将棋フェスタのイベントにて小学生を対象とした指導対局に早速臨んでいました。

プロ棋士界では少数派の振り飛車党として、得意戦法の四間飛車を活かした活躍を期待しています!


 

将棋フェスタには東播磨地域ゆかりの棋士の方々が参加されていました。

左から井上慶太九段、久保利明九段、稲葉陽八段、神吉宏充七段、村田智弘七段、出口若武五段、横山友紀四段、村田智穂女流二段

左から井上慶太九段、久保利明九段、稲葉陽八段、神吉宏充七段、村田智弘七段(高砂市出身)、出口若武五段(明石市出身)、横山友紀四段、村田智穂女流二段(高砂市出身)。2022年1月16日撮影

加古川市出身の船江恒平六段は同日10時から第15回朝日杯本戦トーナメントにて藤井聡太竜王との対局が行われていたため、いらっしゃいませんでした。

藤井聡太竜王「粘り強く指せた」 船江恒平六段破る 朝日杯将棋:朝日新聞デジタル
 将棋の藤井聡太竜王(19)=王位・叡王・棋聖と合わせ四冠=と船江恒平六段(34)による第15回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)本戦1回戦は16日午前10時から、名古屋市の名古屋国際会議場で指さ…

将棋フェスタは例年1月に開催されていますが、コロナ禍で昨年(3月開催)と今年は事前申込制となりました。

指導対局をする稲葉陽八段と村田智穂女流二段

指導対局をする稲葉陽八段と村田智穂女流二段。2022年1月16日撮影

棋士のまち将棋フェスタは、たくさんのプロ棋士が加古川に集まる貴重なイベント、来年は広く一般の方も楽しめるといいですね。

下のボタンからTwitterで感想をいただけると嬉しいです!できるだけ反応します!
スポンサーリンク
この記事を書いた人
まさみ

'81年生まれ。結婚して加古川に住みはじめて10年が過ぎました。子育て中。出身は徳島県。詳しいプロフィール記事は左端の家マークからどうぞ!

まさみをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報はTwitterでお知らせしています♪
Instagramもフォローしてね!
かこがわノート
タイトルとURLをコピーしました