加古川のHP制作会社ナインワーカーズが運営しています。
ブランシエラ東加古川は、かこがわノートの運営スポンサーです! ブランシエラ東加古川
スポンサーの詳細・お申し込みはこちら!

加古川河川敷リニューアルの「かわまちづくり」の再整備イメージが公開されています!【堤防上に飲食店・大型遊具など】

加古川ニュース
加古川ニュース
スポンサーリンク

2023年11月号の広報かこがわに、加古川河川敷の再整備計画について、かわまちづくりの再整備イメージ案が掲載されています!

広報かこがわ2023年11月号より

加古川市は、一番南のわくわくエリア内の交流広場に計画されている賑わい交流拠点の整備・運営を行う事業者の選定を、公募型プロポーザル方式により2024年1月から行う予定です。

堤防上に飲食店や大型遊具、公共トイレなどの設置が計画されています。

事業用地に現在設置されている加古川市民病院の職員駐車場は撤去され、国によって堤防の高さまで盛土工事が行われる予定です。

事業方針資料によると、盛土工事が令和9年(2027年)4月まで完了し、そこから建物建設を開始し、令和10年(2028年)4月から供用開始できるよう計画することとされています。

【終了しました】加古川市かわまちづくり賑わい交流拠点整備運営事業に関する事業方針について|加古川市
提出のありました質問書・意見書の回答は、次のとおりです。 ・事業方針等に対する回答書(PDFファイル:35.4KB)
事業方針資料より

その他のエリアも令和9年度末までに整備予定とされているため、順調に進めば飲食店のオープンのタイミングで一斉にリニューアルする計画のようです。

事業用地周辺については、「わくわくエリア」のうち、水辺広場には川遊びや環境学習空間を、遊具広場には緑地やベンチ、東屋等を整備予定である。また、「いこいエリア」ではバーベキュー会場やイベント会場等に利用できる多目的広場を、「いきいきエリア」では、既存駐車場を拡大し、東側にはサッカーやソフトボール等ができる運動広場を令和9年度末までに整備予定である。

事業方針資料より
事業方針資料より

事業用地を地図で見るとこのあたり。

ニッケパークタウンのリバーサイド駐車場から河川敷に行くあたり、JR神戸線が近くに見える堤防です。これまでもキッチンカーを集めたイベントなどを開催して、調査も行われていました。

ニッケパークタウンの駐車場から見える堤防のあたりです。2022年7月28日撮影
場所はJR神戸線のすぐ南側の堤防です。2022年7月28日撮影

盛土工事が終わるとかなり広い空間が堤防上にできることになりそうです。

あと4年半くらいかかる計画ですが、駐車場も拡大して遊びに行きやすい空間が生まれるのは楽しみです!

また、新たな情報があればお伝えします!

タイトルとURLをコピーしました