かこがわ不動産

積水ハウス加古川展示場で大空間リビングを見せてもらいました!【神戸新聞ハウジングセンター加古川会場】

積水ハウス加古川展示場外観 かこがわ不動産

(2021年4月19日追記)2021年5月2日日曜日に積水ハウス神戸支店のオンラインイベント「Room Tour LIVE おうちで教室」が開催されます!

ゴールデンウィークの連休中、自宅にいながら参加できます。どんな風に悩んで家づくりを進めていったのか、体験談を直接聞ける貴重な機会です!

Room Tour LIVE【おうちで教室】~大開口の平屋暮らし~ | 兵庫県(東播磨エリア) | 全国各地のイベントのご案内 | 積水ハウス
Room Tour LIVE【おうちで教室】~大開口の平屋暮らし~を紹介いたします。積水ハウスの住宅展示場や分譲物件のほか、住まいづくりに役立つイベントの最新情報も公開しています。
Room Tour LIVE おうちで教室チラシ

イベント参加には申し込みが必要です。

家づくりの参考にぜひご利用ください!


積水ハウスの鉄骨住宅を体感できる加古川展示場を取材してきました。モデルハウスは明姫幹線の神戸新聞ハウジングセンター内にあります。

加古川展示場 | 兵庫県(東播磨)の住宅展示場・ショールーム | お近くの住宅展示場(モデルハウス)・ショールームを探す | お近くの積水ハウス | 積水ハウス
加古川展示場を紹介いたします。積水ハウスの住宅展示場や分譲物件のほか、住まいづくりに役立つイベントの最新情報も公開しています。

積水ハウスの土屋さんと松本さんにお話を伺いました!

大空間リビングとそれを実現する構造、オリジナル設備に驚きました!

※記事内の写真は提供いただいたものも含みます。

取材日:2021年1月14日 聞き手:かこがわノート編集部まさみ(佐藤正巳)

「ファミリースイート」大空間リビングで+αを叶える

積水ハウス加古川展示場リビング

1階にある柱のない大空間リビング。

いちばんの見所はリビングです。積水ハウスの鉄骨住宅のリビングは仕切りがなく、柱が一本も落ちてこない大空間リビングが特徴です

これまでのLDKという考えから、大空間リビングだからできる「+α」を加えたファミリースイートを積水ハウスでは提案しています。

これまでなら壁ができて別の部屋のようになってしまうところを、大空間だから家族のいるところで+αができます。

20帖以上の大空間を取って、その広い空間の中でお客さまの希望で配置できるのがファミリースイートです。リビング、ダイニング、キッチン以外に+αが実現できます

積水ハウスファミリースイートのパンフレット

ファミリースイートのパンフレットには+αの楽しみ方が間取りとともに掲載されています。

ファミリースイートの柱のない大空間リビングは30坪台からできます。1階をほぼ一つの空間で取ろうと思えばできるのだそう。

ダイナミックビームという、これまでの約10倍の強度を持つ積水ハウスオリジナルの梁を採用することで、7メートル×7メートルの広さを柱なしで支えられます。

ダイナミックビーム梁

展示場リビングの天井部に見えるダイナミックビーム。隠すこともできます。

これまでも積水ハウスが持っていたリビングスペースが広く取れるという特徴が、ダイナミックビームの採用でさらに強化されたようなイメージです。

また、加古川モデルハウスのリビングは大きな窓の大開口部も個性的です。

積水ハウス加古川展示場のリビング窓

大きく取られたリビングの窓。

大開口部からつながるテラスはリビングを延長したような曖昧な空間のスローリビングを表現しています。窓から段差がなくフラットにつながる外のウッドデッキ部分は、2メートル張り出して、軒も2メートルあります。

積水ハウス加古川展示場の軒下空間

リビングからつながる軒下空間。

1年中日差しが安定している北庭の発想で作られているそうです。

6メートル×2メートルのL字になった窓は、ガラスのショーウインドウや透明なボックスのような効果を生んでいます。

1階はアクセントタイルのボックスにまとめられた収納で空間を区切るつくり

積水ハウス加古川モデルハウス1階部分間取り

1階の間取り。パントリーやリビングクロークのボックスで空間を仕切る。

玄関ホールの正面にアクセントタイルを貼ったボックスを作り、収納関係が真ん中に寄せられています。

1階は大きな43坪の空間を扉なしで区切っています

取材時も最初は玄関からリビングまで扉がないことに気づきませんでした。

積水ハウス加古川展示場の玄関正面のアクセントタイル

玄関を入ると正面にアクセントタイルが見えます。ボックスが自然に空間を仕切っています。

キッチンとリビングからアクセスできるパントリーとリビングクロークは実用性も高い収納です。

積水ハウス加古川展示場のリビングクローク

リビングクロークとパントリーがつながりアクセスの良い収納に。

また収納として玄関にはシューズクロークがあります。お客さんから見える面はきれいに保てるよう、扉なしでも靴などの収納部分が見えないような工夫がされています。

積水ハウス加古川展示場シューズクローク

室内側から見たところ。玄関から影になる位置に靴が収納できるようになっています。

玄関ホールの天井は2メートル70センチの高さで広がりを感じられます。

玄関ホールからリビングまで、間接照明をメインに使い、やわらかい光を実現しています。

2階にはホール、主寝室、和室のほか、構造や機能の体験コーナーも

リビングの吹き抜け階段で2階につながっています。

積水ハウス加古川展示場2階間取り

2階間取り。ホール部分の天井は勾配を活かした2階とは思えない高さがあります。

階段を上がってすぐの2階ホールは屋根の勾配を利用した天井高3メートル50センチの空間になっています。この高さを2階でも確保できるのは魅力的ですね。

積水ハウス加古川展示場吹き抜け部分

吹き抜けからつながる2階ホールは勾配のある天井で開放感があります。

主寝室にはウォークインクローゼットとパウダーコーナーがあり、ホテルライクな仕上がりです。

フルフラットで段差のない掃き出し窓とバルコニーは、2階にリビングを希望するときに使えるそうです。バルコニーへまたがずに出入りできます。

積水ハウス加古川展示場の2階バルコニー

フルフラットで主寝室から出られる2階バルコニー。

掘りごたつのある和室の窓からは、ヤマボウシの木が枝先につける花が見えるよう計算されているそうです。2階だからこそ楽しめる風情ですね。

積水ハウス加古川展示場の和室

2階の和室が新鮮でした。

積水ハウスの鉄骨住宅の機能性を体感できるコーナーは必見

積水ハウスの鉄骨住宅に使われる部材やその機能性が体感できる展示コーナーが2階にあります。

積水ハウスオリジナルの制震バンパーも見えるように置かれていました。

このバンパーが壁に入っていることで「累計240万戸以上のオーナー様がいらっしゃっても、これまでの地震で全半壊等ゼロ。制震構造で室内の軽微な補修なども必要なくなる」そうです。

また外壁に使われるダインコンクリートも展示されています。6センチの厚みがあり、飛来物などの耐衝撃、火災、水害を防ぎます。

独特の彫りの深みが落とす陰影のデザイン性も特徴です。

雨や日光で汚れを落とす防汚機能は、外壁が黒ずむのを防ぎます。30年間はノーメンテナンスの外壁材です。

積水ハウスの外壁ダインコンクリート

積水ハウスオリジナルの外壁ダインコンクリート。独特の表情があります。

ぜひ体験してほしいのが、窓ガラスの遮熱断熱の比較ができる機械です!

熱源と3種類のガラスでどれくらい熱が伝わるのかを体感できます。

積水ハウスの採用するアルゴンガス入りの複層ガラス窓、普通の複層ガラス、単板ガラスの3種類がどれくらい違うのかよく分かります。

積水ハウス遮熱断熱複層ガラス性能体感コーナー

こんなに違うのかと驚きました。

温度差ができにくいため、結露も防ぎます。紫外線も99%カットして、床焼けも少ないそうです。

断熱性能が高いので、真冬でも一度暖まったらエアコンを消していても室内の温度がキープされます。

取材は1月でエアコンを消した状態でしたが、全く気づかない暖かさでした! 1階は大空間かつ吹き抜け階段があるとは思えないほどです。

また気密性・断熱性の高さから、立地上、明姫幹線に面しているにも関わらず静音性能も保たれています。大雨が降っていても気づかないというオーナー様の声もあるそうです。

2021年1月からスタートする空気清浄や抗ウイルス仕様のスマートイクス

スマートイクス紹介パンフレット

スマートイクスのパンフレット。

積水ハウスではウイルスや花粉、PM2.5といった住まいの汚染物質に配慮した次世代室内環境システム「スマートイクス」を2021年1月からスタートしています。

換気システムでは、空気の流れをコントロールし、外から持ち帰った有害物質を室内に入れないようにします。さらに温度変化を抑えながら、換気量を確保するそうです。

また家族が集まるリビングには天井付き空気清浄機を設置し、汚染物質を素早く除去します。

スマートイクスでは、タッチレス設備や抗ウイルス仕様アイテムも選べます。

床材では挽き板の素材感は変えずに抗ウイルス仕様の床にできます。

今の環境に合った抗ウイルスの仕様を積水ハウスは独自に行っています。基本的には入れないという対応から、家庭内でも広げないことまで考えています

家が健康をサポートしてくれる機能はこれからますます増えていきそうな流れですね。

取材を終えて

数年前に神戸新聞ハウジングセンターを訪れて見学していたときから、こんなに変化しているのかと驚きました。

車やスマートフォンの技術革新の情報は耳にしやすくても、住宅の情報はなかなか得る機会がありませんよね。取材中、新鮮な驚きがたくさんありました。

ウチが建てたときにもコレ欲しかった!と思うものも……。

ファミリースイートの考え方は、何かしたいことがある人にはとても魅力的なのではないでしょうか。

まずは大空間リビングを見に、モデルハウスにぜひ立ち寄ってみてください。

積水ハウスのモデルハウスは神戸新聞ハウジングセンター加古川会場のセンターハウスから西側の明姫幹線側にあります。

【取材記事】神戸新聞ハウジングセンター加古川会場の見学の流れ【兵庫県下最大の住宅展示場】
2021年4月14日追記:2021年4月のイベント情報をいただきました! 毎週末にいろいろなイベントがあります。子どもが好きそうなキャラクターショーをピックアップしてみました。 4月18日日曜日:パウ・パトロールとあそぼ...

(文責:佐藤正巳)

※写真・記事の情報は取材時点のものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました