グルメ

加古川駅すぐのTRESでハラミボウルをテイクアウトして食べてみました!【加古川グルメ】

TRESハラミボウルの拡大写真グルメ

JR加古川駅からすぐのTRESでテイクアウト販売されているTRESハラミボウル。公式Instagram @tres_kakogawaでも人気な様子がうかがえます。

ランチタイムにテイクアウトして食べてみました!

TRES外観

TRESのお店の前でテイクアウト販売を行っています。2021年6月11日撮影

ハラミボウルの他にもハラミBENTOや特製オードブルなどがテイクアウトメニューに並んでいます。

TRESのテイクアウトメニュー

朝11時から夜までテイクアウト注文可能です。2021年6月11日撮影

「ちょうどできたところです!」と嬉しいタイミングでした。

冷蔵ケースに入ったTRESハラミボウル

店頭で冷蔵ケースに入っています。2021年6月11日撮影

夜8時以降に開催されている、079BUILD(@079build、水曜日)、加古川ワインバル(@kakogawawinebar00、木曜日)、TRES(@tres_kakogawa、金曜日)の3店舗合同テイクアウト企画のYONAYONA MARCHEでもハラミボウルは購入可能です。

TONATONA MARCHEのお知らせ

開催日程と場所は3店舗のInstagramから確認していくと安心です!2021年6月11日撮影

TRESハラミボウルはもし電子レンジで温めるなら、お肉は別によけて、ごはんだけを温めるのがいいそうです。お肉に火が通りすぎてしまうとのことでした。

ということで持ち帰ってきたのがコチラ!

TRESハラミボウル

TRESハラミボウル。2021年6月11日撮影

フタを開けるとこんな感じ。

TRESハラミボウル

たっぷりのハラミ、カイワレ、レモンと柚子胡椒。2021年6月11日撮影

早速いただきます!

TRESハラミボウルの拡大写真

食べやすくカットされたお肉とオニオンフライの組み合わせが食感をそそります! 2021年6月11日撮影

サッパリとした少し酸味のある味付けとオニオンフライの香ばしさで箸がグイグイ進みます。塩でもタレでもない気がするんですが、なんと表現していいか分からない味で、悩みつつ、次々食べてしまいました。

やわらかい肉厚なハラミは噛むたびにジュワッと味が口に広がり、中までしっかり下味が付いています。

 

表面だけじゃなく、中にも味が染みていて、不思議でした!

薬味はレモンと柚子胡椒、赤いのはパプリカパウダーが添えられていました。薬味やカイワレもアクセントに挟みつつガツガツ食べていきます。

ハラミボウルに添えられたレモンと柚子胡椒とパプリカパウダー

柚子胡椒とお肉の相性がバツグンです。2021年6月11日撮影

「温めるとお肉に火が入りすぎてしまう」という注意も納得の絶妙なやわらかさ。ハラミの概念が変わる食感です。

食べ応えのある一品なのに、あっという間に完食してしまいました。

ごちそうさまでした! 今日のランチはお肉でガッツリという時、ぜひ食べてみてください!

お店の場所は地図で見るとこのあたり。

JR加古川駅の南口に出て、 マツモトキヨシ加古川駅前店で右に曲がります。

マツモトキヨシ加古川駅前店

西行きの一方通行です。2021年6月11日撮影

コンタクトのアイシティのあるベルデモール商店街の入り口手前の一方通行の道です。

加古川駅のコンタクトのアイシティ

鯛焼きのやきやきやのある筋です。2021年6月11日撮影

この道を進んでいくとTRESが右側にあります。西となりにはかき庄があります。

TRESとかき庄

さらに進むとニッケパークタウンの方に通じる道です。2021年6月11日撮影

斜め向かいにはプライベートジムのnorkoutがあります。

norkout外観

2021年6月11日撮影

店舗名TRES トレス
住所兵庫県加古川市加古川町篠原町59-3
アクス加古川1F(地図
公式Instagram

コメント

タイトルとURLをコピーしました