加古川ニュース 暮らし情報

【加古川市版Decidim】市民参加型でスマートシティ構想にアイデア・意見が出せるオンラインツールがスタートしています

加古川市版Decidimトップページ 加古川ニュース

市民とともにつくる「加古川市スマートシティ構想」を策定するために、市民参加型のサイト「加古川市版Decidim」を加古川市が2020年10月からスタートさせています。

スマートシティ構想に関する意見を募集します!|加古川市
 加古川市では、一般社団法人コード・フォー・ジャパンと協働で、市民の皆さまとともにつくる「加古川市スマートシティ構想」を策定するため、市民の皆さま等にご意見をいただき、議論し、政策に結び付けていくための場(市民参加型合意形成プラットフォーム:加古川市版Decidim)を、オンライン上で立ち上...
加古川市 市民参加型合意形成プラットフォーム
加古川市版Decidimトップページ

加古川市版Decidimトップページキャプチャ。右上の新規登録から登録できます。

加古川市版Decidimは、簡単な登録をすれば、加古川市のスマートシティ構想案に対して、誰でもアイデアや意見を出せる仕組みです。

スマートシティとは言っても、実際には市民サービスや行政、教育に関係することなので、まちづくりに参加できるという捉え方でも問題ないと思います。

現在、大きく以下の3つの分野で意見やアイデアが求められています。

  1. 市民のQOLや利便性を向上するサービス
  2. ICTを活用した都市機能の強化や都市課題の解決
  3. デジタル行政の推進

この3つの中に個別の課題が入っています(PDFファイルで細かく見られます)。

それぞれの課題についてページが用意されていて、そこに意見やアイデアが書きこめ、ディスカッションができる仕組みです。ブログ記事のコメント欄のようなイメージですね。

1.いつでもどこでもできるストレスフリーな行政手続きの実現 - 1:市民のQOLや利便性を向上するサービス - 加古川市スマートシティ構想 - 加古川市 市民参加型合意形成プラットフォーム
○一部の申請等はインターネットで手続き可能です。 ぴったりサービスについて○休日は東加古川市民総合サービスプラザ、加古川市民センターで手続きが可能です。 東加古川市民総合サービスプラザについて 加古川市民センターについて

今年度中の策定を目指して動いているため、

  • 10月30日から11月27日までがアイデア収集フェーズ
  • 12月7日から12月18日までが意見収集フェーズ
  • 2021年1月7日から2月5日までがパブリックコメントフェーズ

というスケジュールになっています。

参加型プロセスのフェーズ - 加古川市スマートシティ構想 - 加古川市 市民参加型合意形成プラットフォーム
「加古川市スマートシティ構想」では、3つの施策体系で整理を行います。 市民のQOLや利便性を向上するサービス ICTを活用した都市機能の強化や都市課題の解決 デジタル行政の推進

またオフラインのイベントとして、2020年11月21日土曜日に加古川駅北側のウェルネージかこがわ内のマリンガホールにてワークショップが開催されます!

ワークショップ参加には11月13日金曜日までの事前申し込みが必要です。先着50名です。

スマートシティ構想に関するワークショップを開催します!|加古川市
加古川市では、市民の皆さまとともにつくるスマートシティ「DIY都市」を実現するために、今年度、「加古川市スマートシティ構想」の策定を予定しています。そこで、皆さまより様々なご意見をいただき、議論し、政策に結び付けていくための場として、ワークショップを開催します!お気軽にご参加いただき、皆さま...

今回の取り組みは日本でも初となる試みです。神戸新聞や日経BPでも紹介されています。

ICT活用のまちづくり 加古川市が協定締結
 兵庫県加古川市と一般社団法人「コード・フォー・ジャパン」(東京)は15日、同市役所で、情報通信技術(ICT)をまちづくりに活用する「スマートシティー」を推進す
加古川市がスマートシティ推進でCode for Japanと協定、住民対話・熟議にオンライン・ツール活用
兵庫県加古川市は2020年10月15日、一般社団法人コード・フォー・ジャパンとスマートシティ推進に関する協定を締結した。併せて、市民からの意見を募集するWebサイトを開設することを明らかにした。

加古川市と協働しているコード・フォー・ジャパンが提唱するDIY都市の考えについては、市ホームページからリンクされているnoteに書かれています。これを読むと加古川市がどういう風に進めたいのか分かると思います。

DIY 都市を作ろう|Hal Seki|note
先日ふと思い立ち、Facebook に以下のような書き込みをしたところ、予想していたより大変多くの皆さんに反応をいただきました。 大変ありがたいお話でございまして、既にいくつかの地域の市長や団体とミーティングの予定を入れさせていただいております。 ミーティングに先立ち、「なぜこういうことがやりたいのか」「どう...

新しい試みでうまくいくこともそうでないこともあると思いますが、ちょっとでも興味が湧いたらぜひ参加してみてください!

noteに書かれていた幸福度をベースにした指標を使ってまちづくりを進めていくのは理想的ではないでしょうか。新しい分野で先を走る市として存在感を高めていってほしいと思います。

下のボタンからTwitterで感想をいただけると嬉しいです!できるだけ反応します!
スポンサーリンク
この記事を書いた人
まさみ

'81年生まれ。結婚して加古川に住みはじめて10年が過ぎました。子育て中。出身は徳島県。詳しいプロフィール記事は左端の家マークからどうぞ!

まさみをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報はTwitterでお知らせしています♪
かこがわノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました