加古川のHP制作会社ナインワーカーズが運営しています。

加古川観光大使に作家の玉岡かおるさんが就任!

加古川ニュース
加古川ニュース
スポンサーリンク

2022年11月5日土曜日、兵庫大学にて、作家の玉岡かおるさんへの加古川観光大使委嘱式が行われました!

玉岡かおるさん(右)と岡田康裕市長(左)。加古川観光大使委嘱式の様子
玉岡かおるさん(右)と岡田康裕市長(左)。委嘱式の様子。提供写真

三木市出身で現在は加古川市在住の玉岡かおるさんのプロフィールは以下のとおりです。

15万部のベストセラーとなった神戸文学賞受賞作『夢食い魚のブルー・グッドバイ』で1989年に文壇デビュー。舞台化、テレビドラマ化された『お家さん』で第25回織田作之助賞を受賞。2018年に発表した『姫君の賦~千姫流流~』では2021年12月にオペラで上演される。

2022年4月2日、自身で初めて能の原作・台本を手掛けた「媽祖(まそ)」が京都観世会館で初演となり新たな境地を開く。また、工楽松右衛門の生涯を描いた『帆神 北前船を馳せた男・工楽松右衛門 』で第41回新田次郎文学賞を受賞。

2022年9月20日に『われ去りしとも 美は朽ちず』、10月19日には『春いちばん 賀川豊彦の妻ハルのはるかな旅路』を相次いで発表。

作家活動にとどまらず、大阪芸術大学教授、いなみ野ため池ミュージアム運営協議会会長などの幅広い分野で活躍されている。

加古川市プレスリリース資料より

2021年に出版された『帆神 北前船を馳せた男・工楽松右衛門 』では、お隣の高砂市ゆかりの人物を取り上げたことも話題になりました。

玉岡さんが会長を務める「いなみ野ため池ミュージアム運営協議会」の20周年事業の一つとして、自身初の“能”の原作・台本を手掛けた作品であり、京都観世会館で初演となった「媽祖(まそ)」が、地元加古川の兵庫大学で上演されるのを機に、委嘱式を実施する運びとなったそうです。

11月5日の17時から寺田池畔と兵庫大学内において「~能楽へのいざない ため池への祈りの謡と新作能「媽祖(まそ)」の舞」が開催されました。

玉岡かおるさん加古川観光大使委嘱式の様子
委嘱式の様子。提供写真

加古川観光大使としては玉岡さんの就任が20番目となります。直近ではかつめしのキャラクター「かっつん・デミーちゃん」、将棋のプロ棋士横山友紀さん、俳優の上野樹里さんが就任しています。

加古川観光大使|加古川観光協会
加古川観光協会が提供する加古川観光情報サイトです。観光スポット案内、観光モデルコース案内、イベント案内、加古川名物かつめしの情報など、加古川観光に役立つ情報が満載です。

これからドンドン加古川を盛り上げていってほしいですね!

タイトルとURLをコピーしました