暮らし情報

ボードゲーム専門店、駒の時間で注目を集めているボードゲームの魅力を教えてもらいました!

カタンのプレイ風景暮らし情報

加古川の西岸にあるボードゲーム専門店、駒の時間(こまのとき)でお話を伺いつつ、ボードゲームもプレイしてきました!

「ボードゲームって人生ゲーム? 将棋も?」という素人状態でしたが、分かりやすく魅力を教えてもらいました。

ステイホームでおうち時間を楽しむ、子どものアナログな遊びとしても注目を集めるボードゲーム。興味を持ったらぜひ体験しに行ってみてください!

https://komanotoki.com/

取材日:2021年1月22日 聞き手:かこがわノート編集部まさみ(佐藤正巳)

駒の時間はプレイスペースと販売のお店

駒の時間外観

駒の時間外観。2021年1月22日撮影

駒の時間は加古川の西岸、米田町船頭にあります。加古川橋西詰の六叉路の北東方向、下り坂になっている道を進むと左側にあります。

地図で見るとこのあたり。JRをくぐる部分だけが北向きの一方通行になっているので、車で行くときは国道2号線側から行きます。

お店の前から加古川橋西詰の信号も見えるくらいの距離です。

駒の時間の店の前から加古川橋西詰の信号を見たところ

黄色ののぼりが出ています。2021年1月22日撮影

駐車場はお店の前のほかに近隣にもあるので、満車の際は聞いてみてください。

建物北側に入り口があります。

駒の時間入り口

駒の時間入り口。2021年1月22日撮影

店内ではスリッパに履き替えます。

駒の時間受付カウンター

入り口すぐにカウンターがあります。2021年1月22日撮影

入って左側にはボードゲームの販売スペースがあります。どんなゲームなのか体験できるところが駒の時間のメリットだそうです。

駒の時間ボードゲーム販売コーナー

手前はダンジョンズ&ドラゴンズコーナー、黄色いところから奥に進むにつれて、複雑なゲームになっています。2021年1月22日撮影

店内のスペースを占めるのが、プレイスペースです。平日1時間500円(最大1000円)、土日祝1時間600円(5時間パック1500円)で店内のボードゲームを遊べます。高校生までは半額、お得な月間パスもあります。

駒の時間プレイスペース

1人で行っても店長のkomaさん、オーナーのtokiさんが入って一緒にプレイできます。2021年1月22日撮影

プレイスペース用のゲームが棚にギッシリ並びます。

駒の時間プレイスペース用ボードゲーム

プレイスペース用のボードゲームが並ぶ棚。2021年1月22日撮影

その子の得意なゲームが見つかるのがボードゲームの良さ

店長のkomaさん、オーナーのTokiさんと一緒にいくつかプレイしながら、お話を伺いました。

名刺駒

木でできた名刺駒。komaさんとTokiさんのキャラクターは加古川在住のイラストレーター有田ようこさんの手によるものです。2021年1月22日撮影

ボードゲームがたくさんあるというのは耳にしたことがあったのですが、子どもも一緒に遊べるようなものがたくさんあるとは取材まで知りませんでした。

最初にプレイしたのがスピードカップス

スピードカップス

カードとカップとベルで遊びます。2021年1月22日撮影

カードを開いて、その色の順番にカップを重ねるor並べるスピードを競います。できたらベルを押すシンプルなゲームです。

こういうゲームは大人より子どもの方が得意そうです。

縦の絵はカップを重ねる、横の絵は並べる。瞬発力を問われるゲームで就学前くらいの子ともワイワイ遊べそうでした!

次にプレイしたのがDOBBLE(ドブル)

DOBBLE(ドブル)

丸い缶に入っていて持ち運びしやすいのも特徴。外出先でちょっと遊ぶのにも最適だそうです。2021年1月22日撮影

丸いカードを2枚比べると、必ず1つは同じマークがあり、それを利用して遊びます。

ドブルのカード

同じマークを一瞬で見つける観察力が問われます。2021年1月22日撮影

山札のカードと手持ちカードを比べて、同じマークを早く叫んだ人が山札のカードを取るゲームは、ノンストップで山札がなくなるまで続きます。

逆に、手持ちカードを山に戻していくゲームもあります。

どちらもテンポ良く遊べ、自然と盛り上がります。ルールも簡単です。

缶入りの上、カードが何枚かなくなっても問題ないので、お子さんが遊ぶのに向いているゲームだと思いました!

最近は、知育的な観点やステイホームの遊び方として、ボードゲームが注目を浴びているそうです。

ボードゲームを特集した雑誌

年末にはボードゲームを特集した雑誌が複数出て驚いたそうです。2021年1月22日撮影

Tokiさんは「ボードゲームにはいろいろな種類があって、絶対その子が得意なゲームがなにか見つかる。自分が勝てるゲームがある面白さを感じてほしい」と仰っていました。

またアナログゲームはルール説明や順番待ち、交渉など、相手とのやりとりが必然的に発生するので、コミュニケーション能力を養うこともできるそうです。

取材時もゲームを一緒にプレイしているうちに初対面の緊張がなくなっていきました。

お子さん連れの方が来店してゲームを選ぶときには、購入前にお試しプレイをしてもらい、自分に合ったものをじっくり探すお手伝いもされています。

気に入ったものを買って長く遊んでほしい」(komaさん)という想いから、そうしているそうです。

パッケージだけを見て買うのではなく、体験できるところが駒の時間ならではのメリットです。

子ども向けのボードゲーム

子ども向けのボードゲームもたくさんプレイ用に置かれています。2021年1月22日撮影

平日の昼間でも予約すれば、お店を開けているそうなので、ぜひお子さんを連れて行ってみてください。

予約は公式ホームページのお問い合わせからどうぞ。

https://komanotoki.com/contact

人気のボードゲーム、カタンを一緒にプレイ!

取材前から名前だけは知っていたのがカタン

カタンの開拓者たち箱

使い込まれた箱に人気を感じます。2021年1月22日撮影

ルールを教えてもらいながら、初めてプレイしました。

カタンは「ボードゲームの世界を変えた」と言われるくらいのゲームだそう。

カタンの初期配置

数字はサイコロ2個の出目と対応しています。2021年1月22日撮影

サイコロを振る、資源が配られる、街や街道を作る、資源を交渉する、特別なカードを使う……と文字にすると複雑ですが、プレイしながら教えてもらうとスムーズに頭に入りました。

カタンのプレイ風景

どこが資源を集めやすいか考えながら街を作っていきます。写真は終盤。2021年1月22日撮影

街の数などで10ポイントを達成した人が勝利です。

自分の有利を作りつつ、相手の邪魔をする戦略性とサイコロの運次第のバランスが面白さの秘訣でしょうか。夢中になってプレイしました!

取材を終えて

取材を通じてボードゲームを楽しんでもらえたらそれだけでも嬉しい」とkomaさんが帰り際に仰っていました。

コロナ禍の前は、加古川市内小学校の児童クラブへボランティアでボードゲームを持って回っていたそうです。そこでボードゲームに触れた記憶のある子もたくさんいるかもしれませんね。

komaさん、Tokiさん、お二人のボードゲーム愛を至るところで感じた取材でした。

ボードゲームに興味が湧いた方はもちろん、お子さんへのプレゼントを選ぶ際にもぜひ駒の時間に足を運んでみてください!

https://komanotoki.com/

ボードゲームの面白さの一端を知りました。ありがとうございました!

(文責:佐藤正巳)

※写真・記事の情報は取材時点のものです。

店舗名駒の時間(こまのとき)
住所兵庫県加古川市米田町船頭624 (地図
WEB公式サイトTwitter
下のボタンからTwitterで感想をいただけると嬉しいです!できるだけ反応します!
スポンサーリンク
この記事を書いた人
まさみ

'81年生まれ。結婚して加古川に住みはじめて10年が過ぎました。子育て中。出身は徳島県。詳しいプロフィール記事は左端の家マークからどうぞ!

まさみをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報はTwitterでお知らせしています♪
Instagramもフォローしてね!
かこがわノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました