加古川ニュース

加古川図書館が令和3年秋以降にカピル21ビル6階に移転・リニューアル予定!【ヤマトヤシキ紀伊國屋書店と同じフロア】

加古川図書館正面 加古川ニュース

現在、加古川町木村にある加古川図書館が令和3年秋以降に加古川駅前のカピル21ビル6階に移転・リニューアルオープンすることが発表されました。

ヤマトヤシキと言った方がピンと来るかもしれません。紀伊國屋書店加古川店と同じフロアになります。

移転準備のため、現在の加古川図書館は令和3年度前半に閉館します。4月以降ですね。

完成イメージが広報かこがわ2021年1月号に掲載されていました。

加古川図書館移転・リニューアル完成イメージ

思わず行きたくなるような空間になるといいですね。広報かこがわ2021年1月号より

図書館と同時に学習スペース・ワークスペースの設置も進められる予定です。また、同じフロアにある紀伊國屋書店加古川店や7階の子育てプラザ、将棋プラザとも連携していくそうです。

加古川図書館移転後のイメージ

広報かこがわ2021年1月号より

明石駅にあるパピオス明石のように、駅前の商業施設で書店と一緒に入る図書館へとリニューアルします。

JR加古川駅の近くに図書館ができるのは利便性の上ではありがたいですね。

一方で木村にある加古川図書館の建物は歴史的な価値があり、保存を求める声もあります。建築家置塩章(おしお あきら)の手がけた近代建築です。

当面は書庫として利用すると市長の定例記者会見で述べられていますが、耐震改修をする予定はないそうです。

中に入れるのも図書館として開いている間だけになってしまうかもしれません。

神戸新聞でも移転と同時に報じられています

加古川図書館、来秋にも駅前移転 書店と連携検討
 兵庫県加古川市は、老朽化が進む市立加古川図書館(同市加古川町木村)を、JR加古川駅前の加古川ヤマトヤシキが入るカピル21ビル6階に移転する方針を決めた。

年末の図書館閉館時に外観の写真撮影に行ってきました。内部の階段や床の造作も素敵です。

加古川図書館正面

旧加古川町公会堂として昭和10年に竣工。2020年12月29日撮影

加古川図書館のステンドグラス窓

ステンドグラスのアーチ窓。2020年12月29日撮影

加古川図書館横の松

三島由紀夫が建物北側の松のそばで徴兵検査を受けたことでも知られています。2020年12月29日撮影

加古川図書館南側と駐輪場

この駐輪場に自転車を停めて通った思い出を持つ方も多いと思います。2020年12月29日撮影

また情報が分かり次第、お伝えします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました