加古川ニュース

加古川の東京パラリンピック聖火の採火式は製鉄所の高炉から!

加古川のニュース加古川ニュース

2月6日に全国のニュースで東京パラリンピックの聖火の採火式について報じられ、今朝の神戸新聞で加古川市の採火についても記事が出ていました。

神戸新聞NEXT

加古川市では、市内にある製鉄所の高炉から採火するようです。

市内にある製鉄所って一つしかないから誰でも分かるわけですが、オリンピック・パラリンピックの大会パートナー企業じゃないと名前は出せないみたいです。

8月13日木曜日に高炉から採火して、西神吉の加古川運動公園陸上競技場でリレーして、最後は岡田康裕市長がランタンに移すそうです。

翌14日金曜日から17日月曜日まで、市役所やニッケパークタウンなどで聖火を展示するらしいので、ぜひ観に行きたいですね。


5月24日のオリンピックの聖火リレーや8月1日~5日のブラジルのシッティングバレーボールの事前合宿など、2020年は加古川でもオリンピック・パラリンピックの雰囲気が味わえる機会が多そうです。

加古川市内の聖火リレーの詳細ルートはココ!【2021年5月23日日曜日】
2021年3月25日追記:2021年5月23日日曜日の聖火リレールートや観覧エリアについて、こちらの記事に新たにまとめました! 2020年東京オリンピックの聖火リレーが2021年5月23日日曜日2020年5月24日日曜...
神戸新聞NEXT
海洋文化センター側から望む神鋼加古川製鉄所

海洋文化センター側から望む製鉄所

下のボタンからTwitterで感想をいただけると嬉しいです!できるだけ反応します!
スポンサーリンク
この記事を書いた人
まさみ

'81年生まれ。結婚して加古川に住みはじめて10年が過ぎました。子育て中。出身は徳島県。詳しいプロフィール記事は左端の家マークからどうぞ!

まさみをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報はTwitterでお知らせしています♪
Instagramもフォローしてね!
かこがわノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました