加古川ニュース 暮らし情報

加古川スマートシティ事業が国交省の令和2年度先行モデルプロジェクトに選定されました

加古川スマートシティ事業資料 加古川ニュース

加古川市が進めているスマートシティ事業が、国土交通省によるスマートシティモデルプロジェクトに選定されました。

先駆的であることに加え、早期の社会実装が見込まれることが評価されたようです。

報道発表資料:スマートシティモデルプロジェクトを追加選定~いよいよ社会実装ステージへ~ - 国土交通省
国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

概要は下の資料にまとめられています。

加古川スマートシティ事業資料

国土交通省、報道発表資料より

加古川市のホームページでもスマートシティの取り組みが紹介されています

情報通信技術(ICT)を活用したまちづくりの推進について|加古川市
加古川市が推進するICTのまちづくり(情報通信技術利活用事業)を紹介するページです。 平成29年度に総務省の「データ利活用型スマートシティ推進事業」として構築したデータプラットフォームをはじめとした各種システムについても紹介しています。

以前にかこがわノートでも紹介した見守りタグ・見守りカメラ午睡センサーもスマートシティ事業の一環ですね。

加古川市の見守りカメラ・見守りタグサービスを知っていますか?
加古川市内の電柱の一部に、見守りカメラと緑で表示されているのを見たことありますか? 見守りカメラ、この2年間ほどでかなりの数が設置されました。 JR加古川駅の構内にも設置台数をアピールするポスターがありますよね。...
加古川市立の保育園・こども園で0歳児のうつぶせ寝を防ぐための「午睡チェックセンサー」が導入されています
令和2年度(2020年4月~)から加古川市立の保育園・こども園で0歳児のうつぶせ寝を防ぐための「午睡チェックセンサー」が導入されています。 神戸新聞で記事になっていました。 対象となっているのは、鳩里保育園・野口保育園・...

また、見守りタグを活用して、認知症早期発見に向けた取り組みのモニター募集も始まっています。

加古川市の認知症の早期発見に向けた取り組みにご協力いただけるモニター募集

受付期間は2020年7月1日~2020年9月30日です。加古川市ホームページより

詳しくは加古川市のホームページで紹介されています。費用負担はないそうです。

見守りサービスにおける健康寿命延伸サービス実証実験の参加者を募集しています|加古川市
実証実験の目的加古川市、綜合警備保障株式会社(以下、「ALSOK」という。)、西日本電信電話株式会社(以下、「NTT西日本」という。)、ジョージ・アンド・ショーン株式会社の4者は覚書を締結し、「見守りサービスのおける健康寿命延伸サービスの実証実験」を行っています。この事業は日常の行動状況や、睡眠の状況、家電の利用状況を...

加古川市内に見守りタグの検知ができる体制が整っているからこそ、こうした事業ができるんですね。


 

全国的にスマートシティを推進するためのモデルケースとして、加古川市の取り組みが評価されるのは嬉しいですね。

河川の水位情報収集・活用、保育のスマート化、ラストワンマイル移動サービスなど、資料には気になる内容もたくさんあります。

華やかなものではないかもしれませんが、加古川が着実に暮らしやすい街になっていくことをかこがわノートでも取り上げていきたいと思います。

加古川の魅力をこれからも追っていきます!

下のボタンからTwitterで感想をいただけると嬉しいです!できるだけ反応します!
スポンサーリンク
この記事を書いた人
まさみ

'81年生まれ。結婚して加古川に住みはじめて10年が過ぎました。子育て中。出身は徳島県。詳しいプロフィール記事は左端の家マークからどうぞ!

まさみをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報はTwitterでお知らせしています♪
かこがわノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました