加古川ニュース 暮らし情報

加古川市は新生児にも10万円給付を決定、近隣自治体の対応状況もまとめてみました【8/28現在】

加古川市、新生児にも10万円給付を決定!近隣自治体の対応状況まとめ 加古川ニュース

加古川市は新型コロナ対策で全国一律に給付されている10万円について、2020年4月28日以降2021年3月末までに生まれた新生児を対象に独自給付を行うと決定しました。

新生児に10万円給付 来春までの出生対象 加古川市
 兵庫県加古川市は21日、政府による1人10万円の特別定額給付金の対象外となる新生児にも、独自に1人10万円を給付すると発表した。4月28日~来年3月末に生まれ

国の特別定額給付金は4月27日時点で住民登録されている人が対象だったので、4月28日以降に生まれた新生児は対象外になってしまいます。そこで不公平さの解消のため、いろいろな自治体が新生児を対象に給付を決めています。

加古川市の場合、給付案内を、7月までに誕生した新生児がいる家庭には8月下旬に、8月以降に出産した場合は出生届を受理した翌月に送付するそうです。

案内に記載された番号を使ってインターネット経由で申請できる見通しです。

定額給付金のインターネット受付も便利でしたよね。これをそのまま使うのか、また別のものになるか、分かり次第追記します。

加古川市の特別定額給付金の郵送書類の照会番号でオンライン申請の流れ【マイナンバーカード不要】
2020年5月27日に加古川市から郵送された特別定額給付金の手続き書類。 28日15時頃に郵便が手元に届いたので、申請書の照会番号を使ってオンライン申請をしてみました。 マイナンバーカードを持っていなくてもできる全国初のシステム...

近隣自治体の新生児への独自給付まとめ

加古川市は10万円の給付を決めましたが、兵庫県内の近隣の自治体の状況も調べてみました。

明石市:10万円給付

明石市赤ちゃん応援給付金

播磨町:10万円給付(8/28追記)

稲美町:10万円給付(8/28追記)

新生児出産に10万円給付 稲美町と播磨町がコロナ家計支援
 兵庫県稲美町と同県播磨町は20日、それぞれ、国の特別定額給付金の対象外となる新生児を出産した母親に、新生児1人当たり10万円を給付すると発表した。

高砂市:4月27日時点で妊娠している人を対象に妊婦1人に5万円支給(※6/1までの妊婦が対象)

妊婦に5万円独自支給、兵庫・高砂市
兵庫県高砂市は新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済支援策として、同市民である妊婦1人に5万円を給付する。4月27日時点で妊娠している人が対象。国の特別定額給付金が同日時点で住民基本台帳に記録され

姫路市:10万円給付(8/28追記)

中3生以下対象、1人2万円、新生児に10万円 姫路市が独自給付金
 新型コロナウイルスに伴う子育て支援策として、兵庫県姫路市は27日、中学3年生以下の子どもがいる市内の全世帯に対し、1人当たり2万円を支給すると発表した。

神戸市:給付なし

三木市:給付なし

淡路市:出生児1人につき11万円(令和2年12月31日までに出生した子どもが対象)

淡路市コロナに負けるな新生児応援給付金 - 淡路市ホームページ

※2020年8月28日かこがわノートしらべ


加古川市の独自給付、こうして調べてみると県内の自治体でも進んだ取り組みです。

子育て世帯を応援する姿勢が表れていて嬉しいですね。

8月に我が家も出産予定なので、対象で助かります!

下のボタンからTwitterで感想をいただけると嬉しいです!できるだけ反応します!
スポンサーリンク
この記事を書いた人
まさみ

'81年生まれ。結婚して加古川に住みはじめて10年が過ぎました。子育て中。出身は徳島県。詳しいプロフィール記事は左端の家マークからどうぞ!

まさみをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報はTwitterでお知らせしています♪
かこがわノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました