加古川ニュース

【尾上小野線拡幅工事】加古川公設市場前から安田交差点にかけて4車線化する工事が進んでいます【県道386号線】

加古川ニュース

東播磨道からつながる南北の道路で工事が続いています。国道2号線の坂元北交差点から南、加古川公設市場前交差点から明姫幹線の安田交差点の間です。

都市計画道路尾上小野線という名前の道路です。

加古川公設市場前交差点にある都市計画道路尾上小野線のお知らせの看板
加古川公設市場前交差点にある都市計画道路尾上小野線のお知らせの看板。2022年4月5日撮影

だいぶ前から工事が始まっていますが、これまで取り上げていなかったので、ちょっとまとめてみました。

まず場所は地図で見るとこのあたり。

大和会館やティエルブイなどがあります。

現在は2車線でかなり混雑する区間ですが、ここを4車線にする工事です。県道なので兵庫県東播磨県民局の担当ですね。

尾上小野線4車線化工事の様子
4車線化して、さらに両側に歩道が設けられる予定です。2022年4月5日撮影

4車線化に備えて、建物を引っ込めているお店や会社はそのままですが、閉店や移転したお店も多いようです。ラーメン屋さんの縁さんも建物がなくなっていました。

閉店したパチンコ屋コロンビアの前には側溝ができていて、道路や歩道の感じがなんとなく分かります。2022年4月5日撮影

看板の平面図を拡大したものです。

4車線化でかなり道幅が広がるのが分かります。2022年4月5日撮影

上で掲載した看板は加古川公設市場前交差点のものですが、安田交差点側にも同じ看板が置かれています。

安田交差点北側のタマホーム前の工事のお知らせ看板
安田交差点北側のタマホーム前の看板。2022年4月5日撮影

このあたりはすでに舗装が終わっていますね。

尾上小野線4車線化の準備
4車線化の準備が着々と進んでいます。2022年4月5日撮影
その向かいの和食のさとのあったあたり、東側はまだ舗装がされていません。2022年4月5日撮影

看板によると令和6年3月31日までが施工期間になっています。2024年ですね。

加古川市内は南北の太い道がないので、ここが広がると周辺の道路事情もまた変わりそうです。

さらに情報が分かればまたお伝えします!

下のボタンからTwitterで感想をいただけると嬉しいです!できるだけ反応します!
スポンサーリンク
この記事を書いた人
まさみ

'81年生まれ。結婚して加古川に住みはじめて10年が過ぎました。子育て中。出身は徳島県。詳しいプロフィール記事は左端の家マークからどうぞ!

まさみをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報はTwitterでお知らせしています♪
Instagramもフォローしてね!
かこがわノート
タイトルとURLをコピーしました